小児皮膚科

小児に多く見られる皮膚症状・疾患

乳児湿疹

生後1から6か月頃に起こりやすく、皮脂の多い頭部や頬、首などに赤いポツポツした湿疹や黄色いカサブタやフケのようなものが付着する病気です。経過とともによくなることが多いですが、症状が長引く、ひどくなることもあるのでそうなる前に適切な治療をうけましょう。

カンジダ皮膚炎

カンジダ皮膚炎はカンジダという真菌(カビ)による感染症です。人には消化管や口腔内、皮膚に常在菌として存在しますが、時にわき、股などで炎症を起こします。安易にステロイド外用を行いますと悪化することもありますので注意が必要です。

オムツ皮膚炎

尿や便の接触やおむつ自体の刺激、むれなどで湿疹反応をおこすものです。赤いぷつぷつや皮膚のただれがおこります。おむつの交換回数を増やしたり、治療には炎症をおさえる外用薬を併用することをおすすめします。

汗疹

汗疹は汗の管がつまったり炎症を起こし、赤いぷつぷつやかゆみを引き起こす病気です。夏など汗をかきやすい時期にでやすいです。小児に多い病気ですが、大人でも肥満や高温多湿下での労働者や寝たきりの方などでも起こります。汗をかいたらしっかりふき取る、通気性のよい服にするなどの対応が必要です。また掻いているうちにとびひなどを起こすこともあるので、症状がよくならないようならしっかり治療をうけることをおすすめします。

アトピー性皮膚炎

しもやけ(凍瘡)

虫刺され

手足のいぼ

とびひ

水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼは、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。幼少児によく見られます。アトピー性皮膚炎や乾燥肌があると皮膚の「バリア機能」が低下して、目には見えない細かな傷からウイルスが入り込みます。また痒みにより引っ掻くと、他の場所へうつし、拡大します。水いぼは基本的に放置しても自然治癒しますが、どのくらいの期間で治るのかは個人差によります。子供はプールなどでビート版や浮き輪などの共用による接触感染でうつります。

治療は当院では基本的に自然治癒するのを待つ方針ですが、社会的に摘除が必要であると判断した場合は、個数を限定して摘除をおこなっています。その場合は、摘除時の痛みをできるだけ緩和するために、1~2時間前に患部に麻酔のテープを貼っていただくこともあります。

アタマジラミ

アタマジラミは頭髪にシラミが付き12歳以下の小児に多く、後頭部や耳のうしろをかゆがることが多いです。皮膚近くの毛に0.5~1㎜程の白い光沢のある虫卵がくっついているため、これを肉眼または顕微鏡で確認します。治療はシラミ駆除のシャンプーを使います。

手足口病

手足口病は口の中や手足に小さい水疱やプツプツとした発疹が現れ、幼児に多く、夏を中心に流行します。原因ウィルスはコクサッキーやエンテロウィルスです。小学校入学までには免疫を獲得することが多いですが、それでも感染すると、3から5日程度で口腔内や手足に小水疱やプツプツができ、口の中は痛みで食事がとりにくくなることがあります。

治療は基本的には対症療法で治癒しますが、稀に髄膜炎、脳炎、心筋炎などを起こします。経過中に強い頭痛、嘔吐、高熱、ぐったりしている、尿がでないなど不安な症状があれば、すぐに大きめの医療機関を受診しましょう。