診療案内

診療内容

皮膚科

湿疹・皮膚炎群(アトピー性皮膚炎、脂漏性湿疹、アレルギー性接触皮膚炎その他多数)、乾癬をはじめとする炎症性角化症、真菌感染症(水虫、皮膚カンジダ症など)、細菌感染症(とびひ、膿皮症など)、ウイルス感染症(帯状疱疹、単純ヘルペス、いぼ、水いぼなど)、脱毛症、多汗症、その他全身疾患に関連する皮膚症状等。また、小手術も行っております。

アレルギー科

かぶれ(接触皮膚炎)、一部のじんましんやアトピー性皮膚炎の悪化因子検索(パッチテストや血液検査など) 、植物アレルギー(花粉症を含む)、食物アレルギー、金属アレルギー(歯科金属を含む)、薬剤アレルギー、口腔粘膜症候群=OAS、食物依存性運動誘発性アナフィラキシー など。

小児皮膚科

小児は大人に比べて肌が未熟で繊細です。免疫的にも安定してないこともあり、様々な皮膚トラブルを起こしやすいです。治療にあたっても、個々に特別な配慮が必要な場合が多いです。
最近のデータでは、新生児から最適な保湿剤によるスキンケアを行うことで、アレルギー疾患の発症のリスクを減らせるといった結果もでています。施設内にはおむつ交換台のあるトイレも完備しております。小さなお子様も安心してご来院ください。

美容皮膚科

主に美容を目的とした治療を行います。しみ、しわ、くすみ、そばかす、肝斑、肌あれや男性型脱毛症など保険ではカバーできない領域に、皮膚科専門医としてレーザーを中心とした様々なご提案をさせていただきます。
美容皮膚科というと敷居が高いように思われるかもしれませんが、当院では比較的ダウンタイムが少ない治療法を採用しております。
一回で肌質を大きく変えようとするよりも、継続することで、一歩一歩着実に安定したきれいな肌へと導きます。

紫外線治療

太陽光に含まれる紫外線の中にはUVA,UVB,UVCの3種類があります。UVB(中波長紫外線)の中でも皮膚疾患に特に効果的な非常に幅の狭い波長域(308~313nm)を使って照射する治療法です。
当院ではナローバンドUVB(全身型)とエキシマライト(部分照射)があり、それぞれ短時間照射で済み、副作用も少なくて済みます。